パンプローナ大聖堂

撮影日:2010年
画像サイズ:長辺1500px

1501年に完成したサンタ・マリア・デ・パンプローナ大聖堂。パンプローナから興ったナバーラ王国が守護した教会です。当時のナバーラ王国はイベリア半島北東部、今のフランス国境の周辺を領土にしていました。

パンプローナと言えば・・・牛追い祭り(Running of the bulls)、街中を駆け巡った最後のゴールはこの闘牛場です。

スポンサーリンク
おすすめの記事