あいの風鉄道

あいの風とやま鉄道

北陸新幹線の開業に伴って、移管された富山県内の在来線。石動(いするぎ)駅から越中宮崎駅までの20駅、100.1kmが運行区間です。トップの写真は高岡駅の料金表を撮影したものです。緑が『あいの風』の区間で倶利伽羅駅以西はIRいしかわ鉄道、市振駅以東はえちごトキめき鉄道の運行になります。新幹線の通っていない区間は旧来通りJRが担当しています。

あいの風ライナー

金沢駅から泊(とまり)駅までの区間20駅の内、10駅だけに止まる全席指定の快速列車(有料300円)。ここで気になるのが、運営の違うIRいしかわ鉄道区間(金沢駅から倶利伽羅駅)の扱い。なんと金沢駅から泊駅まで乗っても300円でOK!石川県内の約20km分がお得になります。さらに凄いのは、始発の金沢駅の次に停車するのが『石動駅』な点。金沢駅を出発すると、もう石川県には止まらないのです・・・*上の写真は通常の列車ですが、ライナーには快速の表示とロゴが入っています。

乗車の感想

初のライナー体験は意外な形でやってきました。乗車駅は高岡駅・降車予定は富山駅、三つの駅に停車する通常18分の区間です。一番最初に来た列車に乗車、それがライナーであることを知ったのは発車後、車掌さんが検札に来た時。「解りにくくてすみません」に続けて、丁寧な説明。2駅(小杉駅には停車)とばしで300円・・・乗車券が360円なので少し複雑な気持ちに。それを察したのか車掌さん(女性)、「金沢からだと次は石動まで止まらないんですよ」。微笑みを受けて、「泊まで行くと凄くお得ですね」とこちらも笑みで。

高岡駅前(新幹線の新高岡駅は徒歩30分位離れています)の大伴家持像。右には金のドラえもんと仲間たちの像が!

列車はあっというまに富山駅に到着、所要時間は3分短縮されて15分。あまりにも短距離で1分=100円換算になってしまいますが、必ず座れるメリットは大きいです。本来は事前購入・全席指定なのですが、車内ですべて対応してもらえました。

富山駅から歩いて約15分、富山城前

金沢・富山間の交通比較

新幹線が開通し、「特急サンダーバード・特急はくたか」が消えた富山県内。現在(2018/11)の金沢駅~富山駅間の移動手段を比較してみました。

IRいしかわ鉄道経由、直通あいの風とやま鉄道 今回、ご紹介した路線です。料金1,220円で乗車時間は58分前後。あいの風ライナーはプラス300円で約45分。1分単価は23円まで下がります。

JR西日本新幹線 新高岡駅に停車しない「かがやき」と各駅停車の「つるぎ」が走っています。かかがやきは全席指定、料金は3,130円(閑散期)・通常3,330円・3,530円(繁忙期)、乗車時間は約19分。つるぎも指定は同価格ですが、自由席が設定されており2,810円、乗車時間は約23分になります。

北鉄・地鉄高速バス 石川と富山を代表する交通会社が運行する高速バス。料金は930円、乗車時間は交通状況によって大きく変わります。平日の空いている時間は快適で約65分、逆に大雪で交通規制がはいると90分以上かかることもあります。地元の方は一枚あたり770円になる回数券をよく使用されています。

明らかに新幹線が速いのですが、欠点は非常に高額なこと。あいの風鉄道の強みは運行本数が多い(20~30分間隔)点と雪にも強い安定性です。高速バスの強みは北陸一の観光地『兼六園』まで同額で行ける点です。

あいの風鉄道は海側を走るワン

線路から二つ下流の橋、富山大橋の眺望

最後に
間違って乗ってしまった「あいの風ライナー」ですが、以外にも新鮮で快適。いつか終点の泊駅まで乗ってみたくなりました。ライナーではありませんが、あいの風鉄道にはえちごトキめき鉄道直通の糸魚川駅行もあるんですよ!

格安国内旅行なら阪急交通社で!

スポンサーリンク
おすすめの記事