チャンギ国際空港から、ホテルまでの移動はシャトルバスがおすすめ。深夜でも24時間営業!

ホテルまでのシャトルバスを使ってみました!

シンガポール・チャンギ国際空港に到着してから、ホテルまでの移動は、バスやタクシーよりもシャトルバスがおすすめです。

なんとひとりS$9(約730円)と安い価格各ホテルの真ん前まで連れて行ってくれます。24時間営業なので、深夜着の便でも問題ありません。事前予約も必要ないので、当日その場所で予約するだけ。多少のんびりと移動することになりますが、飛行機で疲れている方には最も適した移動方法かと思います。

公共機関のバスやMRTは、スーツケースを運ぶのが大変だし、乗り換えもしなきゃだから、あまりおすすめしないよ。

シャトルバスのチケット&乗り方


▲到着ロビーに出たら、City Shuttleの文字を探してその場所に行ってください(シティシャトルという日本語表記もあります)。

 


▲このような機械が見つかりましたら、そこがシャトルバスの待合所です。この機械で、宿泊する「ホテルの頭文字」を入力することで選択可能です。近くにスタッフの方もいますので操作に迷っても大丈夫です。機械の右側には有人のチケットカウンターがあります。

機械・・・クレジットカード払いのみ
チケットカウンター・・・現金での支払いが可能

高級ホテルから、ドミトリーまで対応しているそうです。全部の場所を覚えている運転手さん、すごいね!!


▲私はクレジットカードを使用し、機械で購入してみました。図で分かりやすいですよね。一番右の大人1、荷物1を選びました。あとは手順通りに下記事項を選択し、支払いをするだけです。

選択事項
行き先(ホテル名)
乗車人数
ピックアップ時間の選択


▲このようなチケットが発券されますので、このままその場所で待てば迎えにきてくれます。(この場所、なぜか椅子が6つくらいしかありません・・・)

 


▲ピックアップタイムから10分ほど遅れて、こんな感じのミニバスが到着。(遅れてきたので若干不安になりましたが、大丈夫です)運転手さんが迎えにきて荷物を乗せてくれます。あとは、ホテルまで乗っていくだけです!他のターミナルを回ってきたようで、すでに何人か乗っていました。バタバタしていたので、写真は撮り忘れです・・・。

他の方のホテルに停まって30分ほどで、チャイナタウン近くのホテルに到着しました!

スポンサーリンク

シャトルバス概要

●高級ホテルから、ドミトリーまで500箇所以上の市内の宿泊地に対応。
(チャンギヴィレッジのホテルと、セントーサ島のホテルは除外)
●一人9シンガポールドル
●現金、クレジットカードでの支払い対応
●15~30分間隔で運用
●6~10人乗りのミニバス

目的地のホテルまで急ぎたい場合、4人以上の家族の場合はタクシーの方が安いかも。

デメリットは、他のお客さんのホテルも回るから、到着時刻が不明なことかな(20分~50分程度)

 

パークレジスシンガポール▲ホテルの入り口、真ん前までつけてくれました!

ちなみにホテルから、チャンギ国際空港までのシャトルバスはありません!公共機関やタクシーを使うしかないね。では、すてきな旅を~。

 

日本以上のカード社会で、クレジットカードは必需品!

▲旅行保険付きのVISAカード。私も使っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事