シンガポールの春節

春節とは?

春節とは、中国の旧暦の元旦のことです。チャイニーズニューイヤー(CNY)と呼びます。日本では毎年同じ1月1日が元旦となりますが、中国の旧暦では月の満ち欠け(朔望)の周期に基づいて1ヶ月を定めているそうで、毎年 元旦の日が変更します。

春節の前後には大型の連休が設けられ、約30億人の中国人が移動するそうです。

シンガポールの春節は?

シンガポールは多民族国家。住民の74%が中国系(華人)、13%がマレー系、9%がインド系だそうです。残りも他の国の人で、日本人も約35000人程住んでいるそうです。

7割以上が中国系の人々のため、街は春節のお祝いで赤く色づきます。

 


▲チャンギ国際空港にあった春節の飾り。2019年は亥年(ブタ年)になります。イノシシ年なのは日本だけだそうです。

 

私が行ったのはまさに春節当日の2019年2月5日~でしたが、すでに前日までに行われていたお祭りムードは終わっていて、カウントダウンの片付けをしている姿が見られました。一番、街の中が盛り上がるのは春節の前日までのようです・・・。春節当日からは、家族で過ごしているからか、街に出ている人は少なかったです。お店もほとんど閉まっています。

 

▼こちらの動画は、セントーサ島で行われた獅子舞ダンス(ライオンダンス)。春節までの間、ショッピングモール、観光地、ホテルなどあらゆる場所で見ることができます。見たい方は、春節の前日までに現地に行ってみてください。

これが中国の獅子舞!!日本のとはだいぶ違って派手だね。しかも、柱に登ったりしてアクロバティック!

春節はいつ?

今後の春節は、以下のとおりです。

2020年1月25日 子年
2021年2月12日 丑年
2022年2月1日 寅年

春節の飾り

シンガポールで、よく見かける飾りをご紹介します。


▲こちらは元宝。元宝金は、風水的に縁起の良いものとされている置物です。最初に見たときは、金の帽子かな?と思っていたのですが、中国の昔の金貨(金塊)だそうです。日本ですと延べ棒の形をしていますよね。金色の元宝金と、銀色の元宝銀があり重さが違うようです。

元宝銀(げんぽうぎん)=馬蹄銀(ばていぎん)=銀錠(ぎんじょう)

餃子がこの形に似ていることから、縁起が良い食べ物とされています。

 


▲お金の飾りに、おめでたい言葉が書かれています。真ん中の「金満(きんまん)」はお金持ちという意味。「玉堂(ぎょくどう)」は美しい宮殿 などの意味があるそうです。

 


▲造花の桃の花の飾りもよく見かけます。春の訪れを意味しています。

 


▲2019年は亥年。亥は中国では豚を意味します。夜にはライトアップされた豚をよく見かけました。

 

ブタはイノシシを家畜化したものだから、ほぼ同じ動物!?と言えるかも。日本だけがイノシシ年なんだけど、それ以外の中国・香港・台湾・韓国などは、すべて豚年だよ。

 


▲提灯は「繁栄と幸運」を意味するそうです。どこでも福を招く色・赤の提灯がぶら下がっています。

 


対聯(ついれん)です。門の入り口の左右に、対になった句を飾るそうです。素材は布や紙や板で、色は赤色です。施設や民家など、あらゆる入り口にこのような飾りがされています。

 


▲赤と一緒に黄色のモニュメントも多かったです。こちらはチャイナタウンのスリ・マハ・マリアマン寺院周辺です。

 


▲こちらもよく見かける「みかんの木」。日本でいうところの「みかん」とはちょっと違う、小さい柑橘類の木でした。どこでも置いてありますが、飾った後は、もいで食べたりはするのかな?と気になりました。

 


▲私が宿泊したホテルに飾られていた金の豚です。豚はリアルなものから、アニメ的なものまで色々ありました。

 


▲こちらが春節の飾りを売っているお店です。店内はほぼ赤色です。数十億人が利用する飾りですから、一体どのくらいの種類と数が生産されているのか・・・。

 

春節の観光は?

春節は、多くの人が移動しますから混んでいます。大晦日にあたる春節の前日、チャイナタウンは凄い人になるそうなので避けた方が良さげです。観光客にとって困るのは、春節の2日間はお店がやっていないことです。食べる物に困ります・・・。チャイナタウンやクラークキーなど、観光地にあるお店は夜やっていますが、そこに集中してしまうため大混雑していました。地元の人は家で食事をするのか、外食している人はほとんど見ませんでした。マクドナルド・ピザハットなどのファーストフードなど一部の店や、コンビニは開いていますので、全く何も食べられないというわけではありません(ただ、観光としては楽しくないですよね・・・)2日目からは少しづつ店が開き始め、春節の2日間が終わるとほぼ通常に戻ります。

 

春節の間、タクシーも少なくなるそうです。出来るだけMRTやバスを利用しましょう。シンガポール動物園などの観光施設は営業しているようです。年間パスなどは使えない時期になりますので、公式ページで確認しましょう。

春節が終わってしばらくの間は、お店の人やタクシーの運転手さんから「ハッピーニューイヤー」と声をかけられるから、お返事してね。

 


▲街にある春節の飾りを見て回るのもとても楽しいです!!

日本とは全く違う文化に触れるのは、とっても楽しいです。次回は春節の前から行って、お正月の賑わいを体験してみたいと思っています!皆さんもぜひ、来年以降の予定をたててみてくださいね。

 

話題のおすすめサイト!楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外400社以上の旅行サイトが提供する180万軒以上のホテル宿泊プランを一度に比較、お得なの宿泊プランを検索!世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』



おすすめの記事