シンガポールは小さな国なので、MRTやバスでほとんどの場所に行くことができます。バス停はこまかくありますので、観光地への移動もぜひバスを利用してみましょう!

 


▲観光客より市民が乗っている率が高いバス。シンガポールの日常を体験してみるのもいいですね。

シンガポールのバスの特徴

・前から乗り、後ろから降りる
・運賃が安い(1ドル以下から)
・路線がたくさんある
・時刻表がない
・車内アナウンスが無い
・車内に次の停留所の表示が無い(一部ある)
・始発5時台~最終23時頃(路線により異なる)
・1階建てと2階建てがある
・エアコン有り無しのバスがある
・往路・復路で道が違う場合がある
・日曜運休の路線がある

 

時刻表はありませんが、どのバスもそれほど待ちません(長くて15分程度)。ただし路線や交通状況で変わります。急いでいる方は迷わずタクシーで。いろんな停留所に停まるので、タクシーと比べるとかなり遅いです。
あと次がどの停留所か教えてくれませんので、車窓からの景色で覚えるか、グーグルマップで見るしかありません。教えて欲しい方は、乗るときに運転手に伝えて、運転手のそばで乗っていましょう。

Ez-linkカードを用意しましょう

MRTやバスに乗るなら、ほぼ必須のEz-linkカード(もしくはTourist Pass)をまず用意しましょう。MRTのチケットオフィスや、街のセブンイレブンで売っています。

 


スポンサーリンク

バスの乗り方(グーグルマップを活用!)

シンガポールのバス路線を、全て把握するのは無理ですので、GoogleMapを活用しましょう。経路」で現在地と目的地を入力(もしくは地図で指定)します。すると、バス停までの距離と、乗るバスの番号、乗車時間、降りる場所など、すべての情報が表示されます。

 

開始」すると、地図に表示してくれますのでこれを目印に進んでください。バス内では停留所の案内がありませんので、マップを見ながら降りてください。

 


▲バス停はこのマークです。停車するバスの番号が表示されています。

 


▲バスの正面に番号が表示されています。

 


前から乗ります。入り口に読み取り機械がありますのでEz-linkカードをかざします。現金の場合は運転手の横の箱に現金をいれてください。料金は目的地を告げて聞かないとわかりません・・・。Ez-linkカードが無いととても不便です。

 


▲2階建てのバスもあります。景色が変わって面白いのでちょっと長めの乗車の時は、上にあがってみましょう。

 


▲椅子はこんな感じ。バスではめずらしい向かい合っている席もあります。日本みたいに「発車します。おつかまりください。」などの案内は無いので突然発車したり、結構揺れたりします。立っている時は必ずどこかに捕まりましょう。

カーブを曲がるときに、思ったよりも揺れて、一度転んでしまったよ・・・

 


▲禁煙、飲食禁止、ドリアン持ち込み禁止、ペット禁止です。

 


▲乗るとき同様、降りる時もこの機械にEz-linkカードをタッチします。

色んな路線のバスに乗ってみましょう!

シンガポールのバスはキレイで快適。ぜひ色いろな路線のバスに乗ってみましょう。2階建てバスの2階に乗って、少し遠くまで行ってみるのもいいかもしれません。

2階建ては、特にワクワクしちゃうよ~!
スポンサーリンク
おすすめの記事