ニライカナイ橋

いろいろな道路

人間や動物の移動に伴って作られた道。いつしか車の為に舗装され、人が歩けない道路網が広がってきました。あまりの多さに逆に車の乗り入れを制限する動きも。今回は旅先で見かけた、世界の心に残る道をご紹介します。

*トップの写真は沖縄の南城市にあるニライカナイ橋。エメラルドグリーンの海に向かって曲線状に降りていく絶景道路(県道86号線)です。

心に残る世界の道

アラスカハイウェイ

アメリカからカナダを通りアラスカに至るハイウェイ。心に残ったのは鳥がとまるバッファローの交通標識!

バッファロー(アメリカバイソン)といえば、体長2mを優に超える大型動物。稀に出るのだろうと思っていたのですが・・・

あっさり遭遇!しかも大群、子供のバッファローも混じっています。集団は「見通しの悪いカーブ」に向かって進んでいきます。

走ってきた大型のカーキャリアは急停車。バッファローに引き連れられるかのように、過ぎ去るのを待っていました。

バイソンは走ると猛スピードだワン

パリの並木道

フランス・パリ、シャンゼリゼ通りに並行する並木道

所々に給水所があります。右は有名な『ヴァラス給水泉』です。

表通りのシャンゼリゼ通りも勿論すてきです。

パリ植物園に通じるプラタナスの並木道。初めてなのにくつろげる落ち着いた並木道です。

砂を固めた土道

ナミビアのナミブ砂漠で見かけた交通標識!確かにこの先を進むと、どんな車でも脱出不可能

夜のナミブ砂漠、日が暮れると自分がどこにいるのか?まったく解りません。

ナミビア・オプウォ(Opuwo)、広大な平原につくられた土の道路。ヒンバ族の村に向かう道です。

中心部には舗装された道も通っています。

内陸部の街、マリのセグー。小さな子が「小さな子」を二人連れてお散歩中♪

まっすぐの道が多いワン

【Booking.com】世界のホテル割引予約

道の世界遺産

数少ない世界遺産の道、フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路。聖ヤコブの元に向かう1,731kmの道。ピレネー山脈を越えスペインに辿り着きます。

道中はのどかな田園地帯、天気が良いので足どりも軽やかに♪

のんびり感がアップ!羊さんもたくさん見かけました。

ダクスにさしかかると小さな教会がたくさん現れます。

スペインとの国境に位置するサン・ジャン・ピエ・ド・ポー。巡礼路はこのままスペインにつながります。

ここからはスペイン、世界遺産の登録も別になります。目的地までもう一息!

日本にも道の世界遺産があるワン

ここまででご紹介した場所への海外ツアーは、ルックJTBをチェック!

ああ飛騨が見える

日本の道から一つ、岐阜と長野の県境・野麦峠を通る県道39号線です。

小説や映画でも知られる史実、ああ野麦峠の舞台。有名なセリフ「ああ飛騨が見える」はこの場所でつぶやかれたそうです。長野側から必死で峠を越えた先にみえる、故郷・飛騨の山々。当時は文字通り必死だったと思います。

人も車も通らない早朝の撮影、気配を感じて左を向くと・・・朝陽を浴びたかわいいお猿さんが!

当時の街道はこちら。妹を背負いながら辿り着くには、あまりにも過酷な道中です。

最後に
山岳・都会・砂漠・田園、特徴的な世界の道をご紹介しました。小説・映画の後に野麦峠を訪れたので、当時の過酷さを痛感しました。ワンちゃんの言ってた、日本にある世界遺産の道は『紀伊山地の霊場と参詣道』熊野古道です。
スポンサーリンク
おすすめの記事