アジアNo.1との呼び声が高い動物園・シンガポール動物園に行ってきました。熱帯雨林の景観で遮るものなく、動物の自然な姿を見られる動物園です。28ヘクタールの広大な園内で伸び伸びと暮らす動物たちが、幸せそうに見える動物園でもあります。アジアからはもちろん、欧米からもたくさんの観光客が訪れている人気スポットです。

 

シンガポール動物園と、淡水生物やパンダが見られるリバーサファリ、夜営業のナイトサファリに分かれています。今回は、その中から動物園をご紹介します。

地元の人からはMANDAI ZOO(マンダイ ズー)と呼ばれているよ!

 

シンガポール動物園・概要

営業時間:8時30分~18時00分
営業日:無休
料金:大人35 Sドル/子供23 Sドル *2019年3月時点
クレジットカード:利用可能
公式サイト:https://www.wrs.com.sg/en/singapore-zoo/

動物園入り口


▲まずはチケットを購入します。

 

▲オープン時の朝8時半でこのくらい並んでいます。集団で到着する10時前後はもっと込みます。当日にチケットを買う場合はできるだけ早めに行きましょう。

下記のVoyaginのサイトでは、シンガポール動物園とナイトサファリに1度入場出来るチケットを割引で販売中です。印刷不要・当日でも購入可ですので、チケット売り場で並ぶのが大変・・・という方に便利です。チケットは、届いたメールからダウンロードし、チケット発券機でQRコードを読み取らせて発券できます。

 

▲チケットセンターで購入する場合の料金表です(2019年3月時点)。4パーク入場チケットがお買い得です。バードパークは、動物園とは別の場所にあるので注意してください。チケットは7日間有効で一つの施設に一回入場出来ます。それぞれ別の日に来ても大丈夫です。

 

▲動物園に入場する前には、フードコート、軽食、ケンタッキー(KFC)などがあります。リバーサファリ側(右奥)に行くと、スターバックスもあります。

 

▲動物園のエントランスです。

 

▲エントランス右側に、コインロッカーがあります。左の子供が乗っているようなワゴンレンタルもあります。園内は暑くて、全て回るのに2~3時間はかかりますので、お子様がいる方はこちらをレンタルしてください。
ワゴンレンタル:S$15

 

シンガポール動物園 地図▲入場時に地図をもらえなかったので、園内にある地図をスマホで撮ると便利です。日本語表記もありますよ!

 

▲入場してからすぐ、ワニ・フクロテナガザル・カワウソと続くのですが、そのあとすぐに出てくるのが、このDRAGONS and BEASTS(ドラゴンズアンドビースト)。神話の中に出てくる獣たち・・・みたいなイベント?で、モニュメントがたくさんあります。

 

▲こんな巨大なモニュメントが道沿いに十数体あるのですが、すべて動きます。たまに水が出てくるものもあり、危うくカメラが水浸しになるところでした・・・。

スポンサーリンク

動物エリアをご紹介!

▲2時間くらい歩くと一周できます。詳しく見て回るともっと時間がかかります。かなりの暑さが予想されるので、日除け対策をしてくださいね。

 

▲トラムも走っています(別料金)。1~4の停留所に停まります。ただしこれに乗っていると、ほぼ動物は見れませんので、「あの動物また見たいなー」という時に利用してください。

 

▲こんな感じで動物が見られます。ただし動物が暮らしている場所も広いので、奥の方に行っているとあまり見えません。小さい動物もいますので、双眼鏡があるといいかもしれません。

 

▲広いので、1周目では見逃してしまうものもあります。私は2回訪れたのですが、あとで考えてみると、まだ見てないものがあります・・・

 

▲自然が豊かすぎます・・・。この大きな池は、 雨水を貯めるセレター貯水池(Seletar Reservoir)だそうです。

 

▲動物園の一番奥は、子どもたちの遊び場になっています。写真では分かりづらいですが、魅力的な遊具がたくさんありますので、子供連れの方はぜひ行ってみてください。

 

▲園内には、動物のモニュメントがたくさんあります。思わず見逃してしまいがちですが、可愛いですよね!これがどこにあるのか、ぜひ見つけてみてください。

 


アシカのショーが開催されています。入り口で場所と時間を確認しておきましょう。

 

▲こちら世界一大きな花・ラフレシアも見ることが出来ます。花は3日しか咲かないそうなので、これはもう化石??のようなものです。

 

▲園内での食事は、1番のバス乗り場付近にある「Ah Meng」で取ることができます。サンドイッチ系もありますが、屋内で食べられる、上記のようなメニューもあります。かなり混んでいて席を取るのが大変なので、お昼時は避けたほうがいいかもしれません。値段は1000円前後。(日本の動物園の食事より美味しいです・・・)

 


▲園内でよく見かける給水器です。持参したペットボトルの中に水を入れてくださいね。2回ほど飲みましたがお腹は痛くならなかったので、大丈夫かと思います。

動物をご紹介!

▲ホワイトタイガー

 

▲マントヒヒ

マントヒヒは猿山にたくさんいます。上下関係や親子の姿を観察すると、とても楽しいです。

 

バビルサ▲バビルサ

キバの生え方が独特な、イノシシの仲間です。自分に突き刺さりそうですが、実際は大丈夫だそうです。

 

▲テナガザル

高い木の上で見ることが出来ます。ちょっと遠いので、顔など確認したいときは、双眼鏡があると見やすいかも!

 


▲シロガオサキのメス

シロガオサキのオスは、全然違う顔をしているよ。リバーサファリの記事で紹介しますね。

 


▲オランウータン

 


▲ジャワマメジカ

足が心配になるほど細すぎるマメジカさん。東南アジアの熱帯雨林やマングローブに暮らしているそうです。

 


▲リカオン

まだら模様のイヌ科の動物。不思議な模様だよ!

 


▲サイイグアナ

 


▲シロサイ

シロサイには、キタシロサイとミナミシロサイの2亜種がいますが、絶滅危惧種です。

 


▲ケープハイラックス

 


▲ジリス

 


▲チーター

 


▲マントヒヒ

顔の色合いがとってもユニークなマントヒヒ。ディズニーのライオンキングにも登場するね!本当にこんな動物がいるんなんて、びっくり。檻が無い所で見られるのも珍しいよ。

 


▲ニシハイイロペリカン

 


▲チンパンジー

 


▲アジアゾウ

アジアゾウは、アフリカゾウに比べると耳が小さいのが特徴だよ!

 


▲ミケリス

 


▲コツメカワウソ

 


▲ヒムネオオハシ

 


▲チョウチョ(放し飼いエリア)

動物名一覧

シンガポール動物園で見られる300種類の動物の中から、一部をご紹介します。

ホワイトタイガー White tiger
アジアゾウ asian elephant
キリン giraffe
シマウマ zebra
ライオン african lion
チーター cheetah
ヌー wildebeests
リカオン aflican wild dog
チンパンジー chimpanzee
キノボリカンガルー tree kangaroo
シロサイ white rhinooceros
テナガザル Gibbon
マントヒヒ hamadryas baboon
コツメカワウソ asian small-clawed otter
ブラウンキツネザル Brown lemur
ケープハイラックス Rock hyrax
ジリス Ground Souirrel
ヒムネオオハシ Culminated Toucan
オオハナインコ Eclectus parrot
ジャワマメジカ Lesser mousedeer
ミケリス Prevost's squirrel
シラボシリュウキュウガモ Spotted whistling duck
オニオオハシ Toco toucan
シロガオサキ White-faced saki monkey
茶白リス The Bidadari Squirrel
グレイカンガルー Grey kangaroo
シママングース banded mongoose
クラハシコウ saddle-billed stork
ゾウガメ Giant Tortoise
ハミルトンガメ Black Pond Turtle
サバクツノトカゲ Horned Lizard
サイイグアナ Rhinoceros iguana
ケヅメリクガメ African Spurred Tortoise
ニシハイイロペリカン Dalmatian Pelican
ボルネオオランウータン bornean orangutan
アカカワイノシシ Red River Hog
ミーアキャット meerkat
パタスモンキー Patas monkey
コロブス Black and White Colobus monkey
クロホエザル Black howler monkey
シロクロエリマキキツネザル Black-and-white Ruffed Lemur
フサオマキザル Brown tufted capuchin monkey
マンドリル Mandrillus sphinx
ヨウスコウアリゲーター yangtze alligator
バビルサ babirusa
リスザル Squirrel monkeys
グリーンイグアナ Green iguana
カンムリバト Common crowned pigeons

*2019年3月時点

自然のトカゲ▲園内では、展示動物以外に自然に暮らすトカゲカエルをよく見かけます。トカゲは結構大きめなので、見つけてみてくださいね。

動物園のあとは・・・

シンガポール動物園のお土産▲お土産もたくさんあります。Tシャツや、ぬいぐるみの種類が多いので、ぜひ見てくださいね。

▲出口を出ると、ドーナツや動物の肉まんも売っていますよ!

長時間楽しめる、シンガポール動物園。子供連れの方はもちろん、大人の方もぜひ一度は訪れてみてくださいね。

 

シンガポールvoyagin
スポンサーリンク
おすすめの記事