どんな動物?

コビトカバ」はカバの仲間ですが、カバ(体長約4m!)の半分以下、1/3位の大きさです。とても珍しい動物なので世界の三大珍獣または世界の四大珍獣に入っています。
 

分類 ウシ目 カバ科
英語名 Choeropsis liberiensis
体長 100数十cm
体重 200kg前後
生息地 西アフリカ周辺
生息環境 主に森林や沼地がある所
食べ物 草や果実など
寿命 30数年~(飼育下)
鳴き声 バーフォ・オーグーなど
暮らし 単独で暮らしています
特徴 カバに較べてかなり小さい
ペットとして飼える? 飼えません
*数字はおおよその数値です。

会える場所は?

・恩賜上野動物園(東京都)
いつも可愛い姿を見せてくれます。隣に通常のカバが飼育されているので、大きさの比較ができて面白いです。
・いしかわ動物園(石川県)
日本海側でみられるのはここだけ!石川県の郊外にある明るい動物園。カバの池でコビトカバに出会えます。
・東山動植物園(愛知県)
名古屋の巨大な動物園。いしかわ動物園で産まれたミライがやってきて、現在二頭が暮らしています。

*2019年現在

最初に発見されたのがリベリアだから英語の名前に「liberiensis」が入っています。現在は頭数が減少して、絶滅危惧種に指定されています。
スポンサーリンク

フリー素材として使える無料画像

コビトカバ
コビトカバ
コビトカバ

普通のカバと違って、群れをつくらず単独で暮らしていることが多いニャン
スポンサーリンク
おすすめの記事