どんな動物?

アイベックス」はヤギの仲間で大きな角(ツノ)が特徴です。年々数が減ってしまい、現在では絶滅危惧種に指定されています。スイスに生息するアルプスアイベックスが有名ですが、中東に生息するヌビアアイベックスなど亜種が複数存在します。
 

分類 ウシ科 ヤギ属
英語名 Ibex
体長 120cm前後
体重 50kg前後
生息地 南ヨーロッパ~中近東
生息環境 山岳地帯・砂漠
食べ物 木の葉・草など
寿命 10数年
暮らし 朝昼に動いて夜は眠ります
特徴 オスの方がかなり大きい
ペットとして飼える? 飼えません
*数字はおおよその数値です。

会える場所は?

ヨーロッパの動物園、シンガポール動物園で見られます。スイスの高山や中東の山岳地帯で野生のアイベックスに出会うことがあります。

*2019年現在

写真のアイベックスはイスラエルの死海に暮らすヌビアアイベックスです。
スポンサーリンク

フリー素材として使える無料画像

アイベックス
アイベックス

身体はそんなに大きくないのに、ツノの大きさが物凄いニャン!
スポンサーリンク
おすすめの記事